ガン治療 | がん治療、アトピー治療、血管そうじの高島クリニック

高島クリニック Q.O.L.研究所
日本語 中文 english
ガン治療

はじめにIntroduction

がん最先端治療とは「特別セミナー」動画はこちらから

ガン治療では、日々新しい治療法が生まれています。 しかし、一般的な病院ではそういった先進的ながん医療を受けることはできず、一方的に治療方法が押し付けられることがほとんどです。 本当にその方にあった治療なのか、効果があるのかよく検証もせず…私は勤務医の時から常々そのような現状に疑問を持っておりました。 高島クリニックでは、「医療とは患者様の望む人生のために、本人の意思を尊重し治療を受けられる。」ことを念頭に置き開院し、日々診察に励んでおります。 患者様の治療に使える費用や効果のある治療方法も一人ひとり違うので、当院では様々な治療方法を、費用や期間、治療効果を患者様に提示したうえで、 相談して選択いただいております。 治すだけでなく、どのように治し、どのような人生を過ごされたいのか? すべては患者様の望む人生(QUALITY Of LIFE)のための医療を目指して。

高島クリニックのガン治療の特徴Therapeutic features

再発予防を中心に診療いたします。

ガンの最も怖いところとしましては、手術や治療で寛解した場合でも、再発する可能性の高いところです。 再びがん細胞が増殖しないように、免疫細胞によって毎日がん細胞をやっつける必要があります。 この補助をする治療が再発予防治療です。 高島クリニックでは、免疫培養療法を引き続き継続する治療や高濃度ビタミンC点滴療法を行い予防する治療をおすすめしています。

苦痛や副作用を極力少なくする治療

高島クリニックの治療は、自らの体の力に根ざした治療が中心になるため苦痛や副作用、身体の負担がとても少ないのが特徴です。

末期がんから難治性のガンまで適応可

当院では、末期ガンから難治性のガンから、寛解まで持ち込める症例や長期の延命を果たす症例が数多く輩出されております。

先進的な治療を組み合わせた治療方法

一般的なガン治療は、抗がん剤投与や放射線治療、手術療法のみですが、 高島クリニックのガン治療は、遺伝子治療、選択的自己免疫細胞培養療法 樹状細胞ワクチン療法、高濃度ビタミンC点滴療法の4つの先進的な治療を組み合わせたオーダーメイド治療です。 治療内容の詳細はこちら >>

一人ひとりに合わせた最適な治療のためにキャンサーボードの使用

一人ひとりに合わせた最善の治療には、一人の医師の判断だけでは十分と言えません。 ガンは部位によってスペシャリストが存在するほど、幅広い知識が必要とされるものです。 そこで高島クリニックではキャンサーボードを導入しております。 キャンサーボードは高島クリニック以外の各分野のがん治療スペシャリストを加えて構成されるシステムで、【複数の専門医師、ガン治療スペシャリストで検証を行い、複数の治療計画を立案】し、その中から治療方法を選択するため効果の高い最善の治療が実現できるシステムです。

ガンの超早期発見のための血中がん細胞検査(CTCスキャンについて)

ガンを確認する検査として血中がん細胞検査を実施しています。 通常の検査は画像診断ですが、画像診断でのガンというのはすでにがんになって10年経ったもので早期発見ではありません。 血中がん細胞検査とは血液中を循環する循環型がん細胞(CTC)や循環型幹細胞(CSC)の数量を計測することで、現在どこかにがんかあるか否かを判定する検査です。 画像診断前に判断することができるため、より早期に再発を発見でき治療を開始することができるため、寛解の可能性が高まります。 あなたに効果のある、また合う抗がん剤がどれかがわかる“抗がん剤感受性テスト”も行います 血中がん細胞検査(CTCスキャン)の詳細内容につきましてはお問い合わせください。

適応可能なガン

大腸ガン、胃ガン、肝ガン、食道ガン、胆道ガン、肺ガン、乳ガン、子宮頸ガン、子宮体ガン、卵巣ガン、膵臓ガン、腎ガン、膀胱ガン、 前立腺ガン、口腔ガン、咽頭ガン、神経芽腫、甲状腺がん、メラノーマ、悪性中皮腫など

転移ガンも可※脳腫瘍など、小児がんは当医院では適応外としております。 詳しくはお問い合わせください。

ガン治療の流れFlow of treatment

遺伝子治療+免疫治療+樹状ワクチン治療の治療スケジュール(例) ガン治療の流れ-表

※上記の期間の目安はあくまで参考例になり、患者様により異なります ※特典:NK活性検査(54,000円)は無料でお付けしています。 <注意事項> ・感染症検査は必須です。検査料=20,000円(税込) 但し、他医療機関ですでに検査している場合はその検査結果を提出頂ければ、改めて検査はいたしません。 ・予約は13時以降でお受けいたします。 ・当日キャンセルや日程変更はできません。(キャンセルした場合、治療費はお返しいたしません) ・2回目以降のNK活性検査を希望される場合は、54,000円掛かります。 ※基本的には、免疫治療・樹状ワクチン治療はセットで行いなすが、希望により免疫治療のみも可能です。

そもそもガンとは…?About cancer?

4つの先進的な治療を組み合わせた治療内容の詳細Treatment content

遺伝子治療

遺伝子治療を行い、正常な遺伝子を患者様にたくさん投与いたします。 すると、細胞は正常な遺伝子が優位になり、本来の機能が働きはじめます。 また、正常な遺伝子優位になることで攻撃に対する感度が上がり、抗がん剤などの治療効果が高まります。 まずは身体を治療効果の高い状態にしておくために遺伝子治療を行います。すべての治療の中で最初に行いたい治療方法です。 ※遺伝子治療の根拠となる論文の一例です 「遺伝子治療PDF」(詳細はPDFをご覧ください) 「肺がんのp53遺伝子に関する論文PDF」(詳細はPDFをご覧ください) 「子宮体がんのPTEN遺伝子に関する論文PDF」(詳細はPDFをご覧ください)

選択的自己免疫細胞培養療法

元気なうちに採血をし、免疫細胞を採取し選択培養をおこないます。 そして培養して増やした元気な免疫細胞を後に体内へ戻します。 ※選択的自己免疫細胞培養療法の根拠となる論文の一例です 「NK細胞に関する論文PDF」(詳細はPDFをご覧ください) 「免疫細胞培養療法資料PDF」(詳細はPDFをご覧ください) 「免疫治療FAQ PDF」(詳細はPDFをご覧ください) 髙島院長が免疫治療研究室長を務める、ルイ・パストゥール医学研究センターHPへリンク

樹状細胞ワクチン療法

がん細胞に目印をつけて、自己免疫の攻撃対象を明確にいたします。 しかし、体内の樹状細胞はもともととても少なく、目印をつける作業が追いつきません。 そこで、樹状細胞を投与することで、より多くのがん細胞に目印をつけることができるのです。

高濃度ビタミンC点滴療法

血中ビタミンC濃度を高くして得られる作用は、抗がん剤に匹敵する抗がん力でがん細胞を攻撃すること。 がん細胞がなくなるまで安全に継続できます。 そのため、各種併用療法の補助療法として治療に加えることで、 【抗がん剤治療】では副作用である骨髄抑制により治療が中止になることを防ぎ、 【免疫療法】では免疫細胞のパワーを上がるため治療効果の向上が期待できるのです。 ※高濃度ビタミンC点滴療法の根拠となる論文の一例です 「高濃度ビタミンC PDF](詳細はPDFをご覧ください) 髙島院長がボードメンバーを務める点滴療法研究会HPへリンク

※高島クリニックのがん治療は先進的な治療を採用しているため、自費治療しかおこなっておりません。

患者様の声Patient’s comments

・55歳 医師

自身の抗がん剤治療に併用してVC療法、免疫療法を受けています。温熱療法も併用しています。マーカーは下がってきています。 免疫療法は選択的に自分に必要なものを培養する手法で、治療方針の決定も複数医師によるということ(キャンサーボード)を採用する、 日本でも大変珍しいクリニックであり、自分の研究結果を論文で示してくれるので、 エビデンスがある治療だということが自分が同業の医師であることとしても大変安心できる。

・70歳 男性

肺がん、肝転移など手術できない、抗がん剤も大量に使用できないと言われ、藁にもすがる気持ちで口コミで高島クリニックへ。 免疫細胞培養療法と少量の抗がん剤との併用に加えて、生活習慣の指導もいろいろ教わり最初はかなり頻繁に通っていた。 今では月2回のVC療法、免疫療法で5年以上奇跡的に存命している。なにがあっても通院は欠かさない。

CALENDARカレンダー

診療日時月・金・土曜日(10:00~17:00)
最終受付16:30
水曜日(12:00~19:00)
最終受付18:30
木曜日(15:00~19:00)
最終受付18:30
※月曜日と木曜日は点滴のみで、診察はありません
休診日火曜日、日曜日、祝日

copylight © 2017 · ガン治療・アトピー治療の高島クリニック · All Rights Reserved.