ガン治療 | がん治療、アトピー治療、血管そうじの高島クリニック

高島クリニック Q.O.L.研究所
日本語 中文 english
ガン治療

はじめにIntroduction

がん最先端治療とは「特別セミナー」

ガン治療では、日々新しい治療法が生まれています。
しかし、一般的な病院ではそういった先進的ながん医療を受けることはできず、一方的に治療方法が押し付けられることがほとんどです。
本当にその方にあった治療なのか、効果があるのかよく検証もせず…私は勤務医の時から常々そのような現状に疑問を持っておりました。
高島クリニックでは、「医療とは患者様の望む人生のために、本人の意思を尊重し治療を受けられる。」ことを念頭に置き開院し、日々診察に励んでおります。
患者様の治療に使える費用や効果のある治療方法も一人ひとり違うので、当院では様々な治療方法を、費用や期間、治療効果を患者様に提示したうえで、 相談して選択いただいております。
治すだけでなく、どのように治し、どのような人生を過ごされたいのか?
すべては患者様の望む人生(QUALITY Of LIFE)のための医療を目指して。

高島クリニックのガン治療の特徴Therapeutic features

再発予防を中心に診療いたします。

ご存知のように、「悪性腫瘍(以下、がんといいます)」 は、我が国での死亡率第一位の重大な疾患です。いまや2人に1人の割合でがんになるともいわれており、この疾患をいち早く発見し、重篤になる前に対処することが最大の対策といえます。 検診などによるがん早期発見の重要性はここにあります。一方、不幸にも進行したがんが発見され、治療に長期間を要することになった場合においては、コンパニオン診断による個別化医療の登場とともに、抗体医薬などの画期的な薬剤開発も進んでおり、がんの治療方法に多くの選択肢が増えている時代にもなってきているのも事実です。

苦痛や副作用を極力少なくする治療

高島クリニックの治療は、自らの体の力に根ざした治療が中心になるため苦痛や副作用、身体の負担がとても少ないのが特徴です。

末期がんから難治性のガンまで適応可

当院では、末期ガンから難治性のガンから、寛解まで持ち込める症例や長期の延命を果たす症例が数多く輩出されております。

先進的な治療を組み合わせた治療方法

一般的なガン治療は、抗がん剤投与や放射線治療、手術療法のみですが、高島クリニックのガン治療は、遺伝子治療、高濃度ビタミンC点滴療法の2つの先進的な治療を組み合わせたオーダーメイド治療です。
治療内容の詳細はこちら >>

一人ひとりに合わせた最適な治療のためにキャンサーボードの使用

一人ひとりに合わせた最善の治療には、一人の医師の判断だけでは十分と言えません。
ガンは部位によってスペシャリストが存在するほど、幅広い知識が必要とされるものです。
そこで高島クリニックではキャンサーボードを導入しております。
キャンサーボードは高島クリニック以外の各分野のがん治療スペシャリストを加えて構成されるシステムで、【複数の専門医師、ガン治療スペシャリストで検証を行い、複数の治療計画を立案】し、その中から治療方法を選択するため効果の高い最善の治療が実現できるシステムです。

当院で実施する具体的ながん治療の流れ

(1)がんを超早期に発見することができる、「循環がん細胞検査」 CTC検査

(2)がん遺伝子を修復する「遺伝子治療」

(3) 活性酸素を除去する「高濃度ビタミンC点滴治療」

(1)「循環がん細胞検査」 CTC検査とは

「悪性腫瘍」は、我が国での死亡率第一位の重大疾患です。2人に1人の割合でがんになるともいわれており、いち早く発見し、重篤になる前に対処する必要が求められます。

(2)血中に漏れ出た腫瘍細胞の数を測定する=CTC検査

血中には赤血球、血小板、白血球などの様々な細胞がありますが、その数はなんと1立方ミリメートル中に500万個以上にもなり、その中から1個あるかないかの腫瘍細胞を見つけ出すのは非常に難しいがそれを可能にしたのが「循環がん細胞検査」 CTC検査です。

「循環がん細胞検査」 CTC検査でわかること

  • 1、画像に移らない微小がんが血中に何個あるかわかる
  • 2、がん細胞の遺伝子情報から疾病傾向、治療方針決定
    (臓器、転移、浸潤、増殖、血管新生、ホルモン感受性、弱い遺伝子など)
  • 3、効果の高い抗がん剤の種類がわかる
  • 4、がん予防に効果的な栄養素(ビタミンなど)がわかる
  • 5、温熱療法等に感受性があるかどうかわかる
  • 6、放射線療法等に感受性があるかどうかわかる
    ※簡易で、検査時間がかからない(採血のみ)

「循環がん細胞検査」 CTCの特徴

米国食品医薬品局(FDA)は、CTC検査の臨床的有用性を認め、「体外診断薬」として認可されています。 米国基幹病院ではCTC検査は必須。
手術ですべて切除すれば心配ないと思われていましたが、現実はそれらの約50%が再発や転移となり、命を落としているのが現状です。
CTC検査を用いればPEPET/CT等の画像診断に比べて、もっと早い段階で診断が可能となるので、画像検査では発見できない転移の診断に役立ちます。

「循環がん細胞検査」 CTCの有用性

「循環がん細胞検査」 CTC検査結果と対策

A:0個=がん罹患・転移の心配は少ない。 しかし、「がんではない」
「転移していない」ということではなく、継続して“がん検診”の必要があります。

B:1個~2個=がん細胞が体のどこかに存在しています。 肉眼で見えない小さながんが存在しているので、画像診断で早期がんと 診断されても、すでにがん細胞は飛散しているということを意味します。 ⇒<対策:高濃度ビタミンC点滴5回>

C:2個~3個=転移がほぼ間違いなくあるということを意味します。
⇒<対策:高濃度ビタミンC点滴5回+リポソーム遺伝子治療5回

D:5個~=生命の予後が短いということを意味します。
すぐ画像検査、専門医への紹介手配
⇒<高濃度ビタミンC点滴5回、ベクター遺伝子治療5回>

(2) 遺伝子を修復する!遺伝子治療

世界で広がる遺伝子治療とは、体内に正常な遺伝子を送り込んでがんを治す治療法です
「遺伝子治療」は1999年から研究が続けられている

・遺伝子治療の優位性

遺伝子治療は、正常細胞に悪影響を与えず、副作用も少ない、抗がん剤や放射線治療との併用もかなり有効
ストレスに強いがん幹細胞にも有効、どの部位のがんでも、がんの種類にも関係なく有効
※例えば、PD1(オプシーボ:免疫治療)=不適応の場合もある。

・がん抑制遺伝子の解説

p53<遺伝子の司令塔>

細胞に損傷を受けたDNAの修復を命じたり、修復できないDNA→細胞に自死(アポトーシス)を促したり、細胞分裂の周期を制御するなどたくさんの役割を持っている

PTEN<アポトーシスの調整役>

細胞のなかにはAktという酵素があり、細胞の分裂を調整して、細胞の生存を媒介しています。
このAktの働きを制御するのがPTENです。
正常に働くPTENを外部(点滴)から導入することで再びAkrを制御し、アポトーシスや細胞増殖抑制の機能を取り戻し、がんを克服することを狙います。

TRAIL<デスレセプターのスイッチを入れる>

がん細胞の外から働き掛けて細胞にアポトーシス(自死)を促すたんぱく質です。
がん細胞だけを狙って自死へ導く=正常細胞に影響なく、がん細胞だけを狙い撃ちすることができるのが、TRAILの利点です。

Cdc6shRNA<細胞を増殖させる因子をノックダウンする>

がん細胞を増殖させるCdc6というたんぱく質が過剰に発現するのを邪魔することで、がん細胞が増えるのを防ぎ、アポトーシス(自死)へと導くのが、Cdc6shRNAです。
=Cdc6shRNAをがん細胞に送り込みことでCdc6の働きを邪魔するのが治療の狙いです。

p16<問題発生すると細胞周期をストップさせる>

多くのがん患者のがん細胞で、このp16遺伝子の変異や欠損、活性の停止がみられることからがん抑制に重要な遺伝子と認識されるようになりました。
正常細胞では、p16はほとんど発現していません、ところが細胞の分裂寿命に達したり、がん化のリスクが高いストレスが細胞にかかったりしたとき、急に働き始め、細胞の増殖を停止させます。
細胞を抑制するp53とは別ルートで、p16も細胞周期を止めるたんぱく質を作り出しますのでP53の心強いパートナーといえます。

「がん遺伝子治療」の優れたところ

遺伝子治療は、正常細胞に悪影響を与えず、副作用も少ないこと。
抗がん剤や放射線治療との併用もかなり有効。
ストレスに強いがん幹細胞にも有効的に働く。
どの部位のがんでも、がんの種類にも関係なく有効。

(3)活性酸素の除去する「高濃度ビタミンC点滴」

免疫細胞や遺伝子のパワーを高める➡ 高濃度ビタミンC点滴
高用量のビタミンC(およそ15-100g)レモン=750~5000個分を静脈から点滴をする治療法です。

点滴投与:およそ45分:血中濃度3500μg以上で効果発揮(通常は15㎍以下)

臨床事例

O様 女性:41歳 子宮がん→全摘オペ実施

※オペ後の再発および転移を調べるため「CTC検査」を実施
某年6月のCTC検査結果は、CTC数=「3.1」
当院で、遺伝子治療1クール5回+高濃度ビタミンC点滴を実施
半年後の12月にCTC再検査をすると、CTC数=「「2.7」に下がっていた
子宮がんによる再発・転移は無しと診断
また半年ごとにCTC再検査を予定

T様 男性:62歳 前立腺がんの疑い

セカンドオピニオン後、画像(PET/CT、MRI)とCTC検査を実施
近大奈良病院 泌尿器科 教授の診察を受ける
CTC検査結果は、CTC数=「6.3」
当院で、遺伝子治療1クール5回+高濃度ビタミンC点滴を実施
半年後CTC再検査を実施 CTC数=「5.8」
半年ごとにCTC再検査を予定

I様 男性:63歳  前立腺がん、骨転移

セカンドオピニオン後、画像(PET/CT、MRI)とCTC検査を実施
近大奈良病院 泌尿器科 教授の診察を受ける
CTC検査結果は、CTC数=「6.2」
当院で、遺伝子治療1クール5回+高濃度ビタミンC点滴を実施
大阪重粒子センターにて重粒子治療を実施(1か月/12回照射)
がん細胞は死滅、経過は良好
CTC再検査を実施、「5.6」に減少

CALENDARカレンダー

診療日時月・金・土曜日(10:00~17:00)
最終受付16:30
水曜日(12:00~19:00)
最終受付18:30
木曜日(15:00~19:00)
最終受付18:30
休診日火曜日、日曜日、祝日

copylight © 2017 · ガン治療・アトピー治療の高島クリニック · All Rights Reserved.