血管そうじ | がん治療、アトピー治療、血管そうじの高島クリニック

高島クリニック Q.O.L.研究所
日本語 中文 english
梗塞・成人病の予防、改善のための血管そうじ plaque wash out

このようなお悩みございませんか?Do not there such worries?

・脳梗塞・心筋梗塞が心配だ… ・血糖値、尿酸値、コレステロール値が高いのでなんとかしたい ・病気があり、薬をたくさん服用している

高島クリニックの血管そうじ【患者様の報告例】をご覧ください。Patient’s report

症状 性別 年齢 血管そうじの効果
高血圧 男性 46歳 血圧が40低下
高尿酸血症 男性 62歳 尿酸値が2~3低下し、薬の量が4分の1に
高コレステロール血症 女性 62歳 総コレステロール値が60下がり、 薬からサプリメント飲用に
高血糖症 女性 60歳 糖尿病合併症予防のための目標「HbA1c 7.0%」に インスリン注射が不要に 強い薬から弱い薬へ

上記の表を見ていただくと患者様の値が低下し、薬の量も減っていることがわかります。

血管そうじをおすすめする方

動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、高血圧、高コレステロール血症(高脂血症)、痛風、血糖値や尿酸値の値が高い方、 脂質異常症(高脂血症)、 メタボリックシンドローム

薬を飲んだら値が下がりますが、血管自体はきれいになりません。 血糖やコレステロールも血管が詰まったり、破れたりすることが問題です。 血管のメンテナンスをする治療は、「キレーション治療」しかありません。

高血圧、高尿酸血症、高コレステロール血漿などの薬を飲む効果は、あくまで一時的にコレステロール値、尿酸値、血糖値を下げること。

しかし、問題があります…

それは、薬を飲み続けなければならないことや、服用している薬が増えたり、より効果の強い薬へと変えなければいけなくなる可能性があるということ。 そして薬では改善ができない、根本的な問題が残っております。 それは血管に汚れ、プラーク(ゴミ)が溜まっていることです。

プラークイメージ

このプラーク(ゴミ)は、誰でも年齢を重ねるごとに自然と血管内に溜まっていくものですが、 食生活の乱れや喫煙の習慣があれば、加速的に増加いたします。 このためコレステロール値、血糖値、尿酸値の高い方はプラークがたまっていると考えても良いでしょう。 プラークが多ければ、最終的に血管が詰まったり血管が破れたりし、脳梗塞や心筋梗塞の危険があることを知っておく必要があります。 さらに怖いことに一般的な脳梗塞、心筋梗塞予防の「血管をやわらかくしよう」「血液をサラサラにしよう」「基準値を超える数値を安定させよう」などの方法では、 このプラーク(ゴミ)を取り除くことはできません。

血管のプラーク(ゴミ)を取り除けるキレーション注射とはChelation therapy

キレーション注射イメージ

キレーション注射

キレートとは「吸着して体外へ排泄する」ことを意味し、 キレーションという点滴をし血管内の「プラーク(ゴミ)」を取り除きます。 ※内服では血管そうじはできません プラーク(ゴミ)を取り除き血流を良くすることで、体の隅々まで血液が運ばれるため、薬の成分もしっかりと必要なところまで届くようになります。 薬の効果が最大限に発揮されれば、これまで「薬が効かなかった」状態から同じ用量で「薬が効く」状態へと変わり、結果血管のお掃除をすることで薬を減らすことができるようになり、効果が高い方で薬を飲まなくなった方もいらっしゃいます。→キレーション注射の詳細についてはお問い合わせください ※高島クリニックの血管そうじは自費治療になります。

キレーション注射を行うごとに、徐々にプラーク(ゴミ)が取り除かれます。 脳梗塞、心筋梗塞、様々な成人病の根本的な問題となるプラークを取り除くことで、その結果梗塞予防や血中のコレステロール値、血糖値、尿酸値の改善が可能です。

患者様の声Patient’s comments

・痛風 55歳 医師

10年位前から通院している。ビールもお酒も大好き。食べるのも大好きで、学生時代はラグビーをしていたこともあり、メタボに悩んでいた。 院長とはゴルフ友達で、ラウンド中に痛風のいい治療がある、薬を減らせる、と聞いたが、全く信用できずに初診受診。 キレーションという点滴が、痛風の元の血中尿酸値を下げ、また、その尿酸値を上げる大元のプリン体を排泄するらしいと聞いた。 また、キレーション点滴で血管掃除もするために、血行が良くなり、代謝も上がって薬もよく効くと。 実際にやってみると、薬を飲んでも(ザイロリック100ミリを2錠)尿酸値は8を切れなかったのに、キレーションを10回やった後に行った血液検査では、 なんと5,0まで下がった。 こんなことは初めてで、大変驚いた。 その後、何度かキレーションを行い、いまはザイロリック50ミリを朝1錠飲んで、尿酸値は6位をキープしている。 たまに暴飲暴食もしてしまうが、ご愛嬌。安心している。

・糖尿 70歳男性 飲食店チェーン経営

仕事がら、飲食の機会が多く、若い時期から糖尿病に悩まされていた。 どんどん薬や、インシュリン注射の量は増え、自分でも危機感を感じていた10年以上前に、このクリニックの治療について、テレビで偶然見た。 行ってみたら、たまたま同業の知り合いも通院していたので、安心して通いだした。 キレーションという血管掃除をして、いらない余分な糖分や脂分を排泄させる点滴というのをやってみたら、あれよあれよという間に血糖値が下がった。 一度キレーションをしている最中に、血糖値が下がりすぎて、低血糖になったこともあり、びっくりしたのを覚えている。 長い糖尿病の治療経験の中で、低血糖になったのははじめてだった。 また、糖尿病は最終的には血管がボロボロになる病気と聞いていたが、このキレーションは血管掃除が同時にできるというので、血糖値も下がって血管もきれいになり、大変満足している。 現在は、忙しいのもあり、一度にキレーションを2本点滴し、およそ3か月に一度、検査もして、フォローしてもらっている。 (同様の効果として、アメリカ心臓病学会では2012年糖尿病患者に対するキレーションの臨床効果が発表され、医学専門誌のみならず、 一般紙のニューヨークタイムスにも取り上げられ世界中で広く認知されています)

CALENDARカレンダー

診療日時月・金・土曜日(10:00~17:00)
最終受付16:30
水曜日(12:00~19:00)
最終受付18:30
木曜日(15:00~19:00)
最終受付18:30
※月曜日と木曜日は点滴のみで、診察はありません
休診日火曜日、日曜日、祝日

copylight © 2017 · ガン治療・アトピー治療の高島クリニック · All Rights Reserved.